スパイダーマンがカッコよすぎる件、本物のヒーロー=真のモテる男

どうもこんにちわ、はむたろうです

最近、amazon primeで映画をよく見ているのですが、
スパイダーマンが5作品公開されていて見まくっています

今回は、
スパイダーマンから学べるモテる男になるためのマインド
を紹介していきたいと思います

それは、
自分を犠牲にしてでも周りの人を助けようとするヒーローの意志です

男の子の誰もが小さい頃には、
ヒーローに憧れ続けていたと思います。

仮面ライダーや
〇〇レンジャー、
アンパンマン、
などなど

しかし、あの頃の憧れを大人になっても持ち続けている人が
どれくらいいるのだろうかというお話です

今回はスパイダーマンから学べる
ヒーローに憧れ続けることの重要性
について語りたいと思います

スパイダーマンではピーターパーカーという主人公が、
特殊な蜘蛛に噛まれて、
超人的なパワーを手に入れ、
蜘蛛のように壁を登ったり、
糸を出してビルとビルの間を飛び回ったりできるようになります

そして、その超人的な能力を使って、
人体実験などによって生まれてしまった悪の敵を
次々と倒していく物語なのですが、

その中には多くの葛藤が描かれています

例えば、
悪党を倒していたら、アルバイトに遅刻してしまい、自分の日常生活がうまくいかない

悪党を倒していたら、授業に遅刻してしまい、教授にめちゃくちゃ怒られる

悪党を倒していたら、大好きな女の子との約束を破ってしまい、嫌われる

自分がスパイダーマンというヒーローであることを伝えたいが、
自分がスパイダーマンであることをバラしてしまうととある問題が生じるのです

もし、敵にスパイダーマンの中身がピーターパーカーだとバレてしまうと、
ピーターパーカーの周りにいるガールフレンドや家族が
人質として危険にさらされてしまう可能性があるのです

なのでピーターパーカーはマスクを被り、
誰にもバレないようにしながら街の平和を守り続けているのです

こんな事できますかね?

今いる友達や彼女や家族との時間を犠牲にして、
バイトの店長には怒られ、
学校の成績は落ち続ける

そんな中でも自分の使命だからといって
誰にも感謝されないのに街の人を救い続ける

常人には出来ないと思います

しかし、
これこそが本当のモテる男の考え方であり、
目指すべきマインドなんです

自己犠牲の精神なしにモテる男になろうなんて無理なんですよ

モテる男っていうのは、
もちろん可愛い女の子にモテたいという思いは持っています

しかし、だからといって可愛い女の子に対してだけ笑顔で接するとか
ブスとは話すら聞かないなんてことはあり得ません

どんな人に対しても優しく笑顔で接しています

それは、優しくしていれば自分がモテるだろうという考え方ではなくて、
そもそも根本の考え方が、
周りの人のために生きようとか、
周りの人が笑顔になれる空間を作ろうとなっている
からなんです。

つまり、
自分のために生きるのではなく、
常に他人のために生きようと考え、
どんな人にも優しく接して、
結果として魅力的に映り、
モテモテの人生を歩んでいるんです

僕も昔は、モテるために優しくしようとか、
モテるために見た目整えようとか、
めちゃくちゃ打算的に考えてたんですが、
結局見透かされてしまうんですよね

そういった下心見え見えの状態だと

優しくするのも、見た目を整えるのも、
相手が自分といて幸せな時間を過ごすためという風に考えるようになってから、
マジで女の子からの反応は変わりましたし、
男からも良い奴扱いされるようになりました

狙っちゃダメなんすよ結局

根本の考え方から変えないと、
そのうちボロが出てきてしまうんです

ヒーローのように生きるのは確かに難しいです

いつだって自分のことよりも
他人のことを大切にして生きなくてはいけません

でも、だからこそ僕たちはヒーローに憧れて、
映画だったり漫画だったりアニメだったりドラマだったりを
熱中して見るのではないでしょうか

ヒーローがカッコいい事は僕らは分かっています

ヒーローのように生きる事は大変なのは映画を見れば分かりますが、
他人に尽くした事は必ず自分のもとに帰ってくるのです

僕はヒーローのように生きたいと思って毎日行動しています
もちろん、悪党をなぎ倒すなんて事はしません

そもそも、夜に町を平気で歩ける日本という国において、
あんなに分かりやすく悪さをしている悪党なんて
どこにいるか分かりませんから

僕がやっている事は、
自分を犠牲にしてでも誰かのために小さな行動を起こしていくこと。

このブログ記事を書く事だって、
ツイッターで絡んだ人の恋愛相談乗る事だって、
全て他人のためにという気持ちを常に持ってやっている事です

そんなに大した事じゃないかもしれない
でも、確実に誰かのためにはなる

そういう思いを持ち続けています

皆さんも、ヒーローを目指して、本当に小さなことでいい。

周りの人をちょっぴり幸せに出来る行動を起こしてみれば、
いつのまにか沢山の人から尊敬されるヒーローになる事が出来ますよ

 


僕は中学高校と一切女の子と話したことがなかったけれど、
今では、自分が好きになった女の子を自分のものにしています。
そういうと、怪しいし信じられませんよね。
どうせめちゃめちゃイケメンなんだろ?とか、
才能があったんだろ?とも言われます
しかし、僕は本当に大してイケメンでもないですし、
人とまともに話すことなんて出来ない
正真正銘のコミュ障でした。

そんな僕でもまじで女の子に関しては困っていません。
自分の好きな女の子を自分のものにしています。
結局学んで慣れるかどうかなんです。
どんな人でもモテまくることは可能です。
学んで、モテる価値観とモテるための心理学さえ身につけてしまえば、
誰でも自信を得てモテることは出来る。

僕はむたろうがモテる人間になるまでの過程を
以下の記事では書いています。

 

真のモテ男になれた僕はむたろうの行動理念

ブログやYouTubeでは語りきれていない
本当にモテる為に必要な価値観や心理学の技術を
メルマガで紹介しています。

無料です。

今なら期間限定でメルマガ登録者様に
人間関係を劇的に改善する無料セミナーをプレゼントしています

無料メールマガジンへの登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です