女の子との会話ネタが無い人に提案したいこと

こんにちわ、はむたろうです

突然ですが、僕は女の子との会話ネタに困りまくっていました
趣味が違くて、
性質の違う女の子と出会うと
何を話していのかさっぱりわからず

沈黙が続き、上手くいかないことばかりでした

必死に話しても全く楽しんでもらえないし
逆に聞き役に徹しても、全然女の子から話してもらえないし
意味不明過ぎてやべーみたいな感じでした

だからこそ、女の子に話しかけることは諦めて
孤独に生きていこうと心に誓ったときもあります

あの時の誓いは破ってしまいましたが笑

今ではめっちゃ女の子に会話を楽しんでもらうことができます

それは、相手が趣味趣向の違う女の子でも、です

僕は結構インドア派の性格をしているのですが
アウトドア派の女の子ともいくらでも楽しい会話が出来るのです

そんな風になるまでは、まじで会話は地獄でしたね笑

僕が女子との会話でコケまくっていた話ことを話します

女子と永遠の沈黙をしていた頃の話

僕がまだ女子と話したことが殆どなかった頃の話です

こんな僕でも、性欲はバリバリにありましたし、
女子に興味津津だったので

母以外の女性と話したことがない状態から
いきなり、同年代の女子に話しかけることにしました

その時の様子がこちら

はむたろう
やあ、はじめまして
女の子
どうも
はむたろう
…….
女の子
…….
はむたろう
…….
女の子
じゃあまたね

はいこんな感じです
まさにモテない童貞男子ってっ感じですよね

本当にそうだと思います
この頃は話しかけること精一杯で、
その後の話の内容を全く用意していなかったのです

僕にとっては仕方のないことでした
このまま、何度も話しかけていれば
自然と女子と仲良くなることが出来るだろうと
そう思っていました

しかし、世の中そんなに甘くはありませんでした
たくさんの女子に話しかけたとしても
毎回毎回反応は同じで
くそー、なんで上手く行かないんだ!
と自暴自棄になりかけていました

世の中のチャラい系男子は
とりあえず女の子と遊びまくっていれば
自然と話せるようになってくるよ
といってきたりしますが

それは間違っています
もちろん女子にある程度なれるという意味では
たくさんの女子と関わるのは必要なことですが

女子に自分を惚れさせるための知識なんて
全く付きません

当たり前じゃないですか

例えば
料理全く作れない人が
ただひたすらに料理をしても
それなりのご飯しか作れないし、
場合によってはクソ不味い飯が出来上がるわけですね

ですから、美味しい料理を作るために、
美味しい料理を作るための知識を得るわけですね

料理で言うところの知識とはすなわちレシピですね

レシピを見ながら作るだけで
それなりに美味しい料理はできてしまいます

それくらい知識というものは
強大な力を持っているのです

これは恋愛においても同じことで
恋愛で成功したいなら、
恋愛で成功するための知識を会得する必要があるわけです

知識を学んだら一瞬でモテるようになった話

知識無しに、ただひたすらに女の子との関係構築をしようと試みていた頃は
まじで全然うまくいきませんでした
以下のような人生を歩んでいました

  • ラインが返ってくるだけで、彼女ができたくらいのテンションになっていたが、相手には普通に彼氏がいて激萎え
  • いつもと違うスタンプが来ただけで、天にも登る気分になるが、相手には普通に彼氏がいて激萎え
  • どうやってデートに誘えば良いのか全くわからない
  • 男としている会話のまま、女子と話すから、全く会話が盛り上がらない
  • たまたま運良くデートに誘えても、どこに行けばいいか、分からない

と、こんな感じで、the 非モテを極めていたのですね

そこからです

なんで、自分はこんなに上手くいかないんだ?
おかしいではないかと思い、しっかりと勉強することにしたんです

はじめは、ネットの記事を軽く読むぐらいでした
ネットの記事に書いてあることは、あっていることも間違っていることもありましたが
それでも、何も知識のない状態よりも遥かに会話が上手く運べるようになっていったのです

知識を得てトライアンドエラーを続けることの重要性

僕はとにかく知識を吸収することにしました
本を読んだり、有料の教材を買ったりもするようになりました

何故なら、明らかにうまくいく可能性が高まったから
もちろん、ネットに転がってる情報は薄っぺらいものばかりだし
金出して買った教材が全然使えないものだっとということもありました

けど、それでも、全く何も知識を持たないよりは100倍マシでした

何も知識を持たずに女子にアプローチしていくとうことは
ドラクエで言うと、レベル上げも怠り、武器も防具も持たずに
スライムとやっとこさ戦えるぐらいの状況で、ラスボスに挑んでいくようなものです

瞬殺されますね

でも、知識を持っていれば、なんとか戦うことはできます
知識があれば、レベルが上ってますし、戦う装備を身に着けたこととにもなります

中には使えない知識もありますが、
ドラクエだって使えない呪文たくさんありますね
その中から、敵を倒すために使える呪文を使って戦っていくわけです

マヌーサとかボス戦で使ったことない笑

ようは、実際に使ってみて、
使える知識はつかって
使えない知識は捨てていくわけですね

僕はひたすらにそれを極め続けました

トライアンドエラー
トライアンドエラー
トライアンドエラー
です

そして、モテるために本当に必要な知識を身につけていったのです

女子との話題が無いなんてあり得ない

正直、女子との話題がないってことは構造的にありえません
なぜなら、女子との会話で大切なことは
女子に話させまくるからです

僕が女子と話すときは全部これです
これ以外はやりません

女子が話す→話題を深掘りする、話題を横展開して広げる、前の話題に戻る

これを繰り返していたら、絶対に会話が止まることはないですね
これも、1つ知識を得ることによって僕が可能にしたことです

はむたろう
あおいちゃんってバイトとかしてるの?
女の子
うんしてるよー
はむたろう
なにやってるの?
女の子
カフェかなー
はむたろう
えーまじで、カフェかーオシャレじゃん

俺も飲食で働いてみたいなーと思ってるんだよねー

女の子
えー、良いじゃん、でも意外と大変かも
はむたろう
まあ、接客業って大変っていうもんね

やっぱ変なお客さんとか来るの?

女の子
うんめっちゃくるー

この前なんてマジでやばかったよー
酔っぱらいの人がめっちゃ話しかけてきてさー

急に君いいねーとか言ってきて超怖かったー

はむたろう
こわ笑、それ対応どうしたん?
女の子
その時は店長が助けてくれた

めっちゃありがたかったわー

酔っぱらいの人もそれで諦めてくれたみたいでさー

はむたろう
店長優しいね笑

結構年上の人なの?

女の子
うーんまあまあかなー

30才だった気がする
結構若く見えてさー、
私はじめて会った時バイトの同期かと思って、

アルバイトですか?って聞いちゃった笑

はむたろう
まじで笑

それはヤバイね

それでそれで?

こんな感じで僕はいつも話をしています
まさにこんな感じです

途中から女の子が話しまくって、
僕がただひたすらに質問しているだけということが伝わりますかね

まじでただ質問しているだけです
これって、会話途切れるとかありえなくないですか?笑

会話ネタとかも全く必要ないんですよ

これをマスターしてからというもの、
僕はマジで色んな人からモテるようになりました

ほんとに笑

こういったものも1つの知識なわけです
これって、別に女の子と遊びまくっているからといって
身につくものではありません

勉強したから身についたわけです

しかも、これって誰でもできませんかね
特別に頭の回転早いとか、気の利いたギャグが言えるとか
そんなこと全く関係ないわけですよね

なら、絶対にこういった技術って身につけて行くべきだと思うんです

何事も上達する近道は、
自分に出来る範囲のことをまずは一生懸命やる
ということです

恋愛について
勉強してまじでモテる男になると
人生楽しいですよ笑

ちなみに、メルマガでブログでは語りきれない知識とか伝えているので
読むのをおすすめします

メルマガはこちら

 


僕は中学高校と一切女の子と話したことがなかったけれど、
今では、自分が好きになった女の子を自分のものにしています。
そういうと、怪しいし信じられませんよね。
どうせめちゃめちゃイケメンなんだろ?とか、
才能があったんだろ?とも言われます
しかし、僕は本当に大してイケメンでもないですし、
人とまともに話すことなんて出来ない
正真正銘のコミュ障でした。

そんな僕でもまじで女の子に関しては困っていません。
自分の好きな女の子を自分のものにしています。
結局学んで慣れるかどうかなんです。
どんな人でもモテまくることは可能です。
学んで、モテる価値観とモテるための心理学さえ身につけてしまえば、
誰でも自信を得てモテることは出来る。

僕はむたろうがモテる人間になるまでの過程を
以下の記事では書いています。

 

真のモテ男になれた僕はむたろうの行動理念

ブログやYouTubeでは語りきれていない
本当にモテる為に必要な価値観や心理学の技術を
メルマガで紹介しています。

無料です。

今なら期間限定でメルマガ登録者様に
人間関係を劇的に改善する無料セミナーをプレゼントしています

無料メールマガジンへの登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です